適当

  

 

 江戸時代には乱心者(精神病者)に対する監護処置として、入牢・檻入・溜預という制度があった。入牢は、家族、家主や五人組などの入牢願いによって、乱心者を監禁する制度であり、檻入は、居宅に作った「囲補理」(檻)に監置し、入牢と同様に、家族、家主、や五人組などが連署した檻入手形を官に提出する必要があり、それに加えて、乱心に相違ないという確認書、医師の口上書を添える必要があった。入牢が、乱心による問題行動への懲戒的な意味合いから子弟らに行われたのに対して、檻入は家督相続人と懲戒には馴染まない尊属に対して行われたと考えられる。溜預は、入牢中の乱心者が、病状の悪化により牢獄での監禁が困難になった場合、非人頭が監督する溜に預けることである。江戸には浅草と品川の二か所に非人溜があって、行旅病人、浮浪者、軽犯罪者、出獄人が預けられていた。[1]

 明治時代になると、乱心者にかわり瘋癲人という呼び名が使われ始めた。瘋癲人の入牢は、監獄への収監という形で存続していた。瘋癲人の監護及び不良子弟等を教戒のために自宅に鎖錮(監禁)する場合は、瘋癲人は医師の診断書を添えて親族が連印して願い出る必要があった。だが、引受人のない場合は、監獄に収容した。檻人は、鎖錮という言葉に代わることになり、一九〇〇年(明治三三年)の精神病者監護法が規定した私宅監置は、自宅での鎖錮の延長線上にある。溜は、明治初年には存続していたが、一八七二年一〇月に設立された養老院にその機能が引き継がれることになる。養老院は、東京市中の浮浪者を収容するための施設であり、ロシア皇帝の第四皇子アレクサイ・アレクサンドロヴィッチの東京入りに合わせて設立された。この時、市中の「浮浪者」が一斉に本郷元加州邸跡の「めくら長屋」に約二四〇人が強制収容されることになる。一八七五年の一〇月には、東京府からの要請で、施設内に狂人室が設置され、一八七九年には養老院が神田和泉(いずみ)町へ移転すると、その建物を借り受けて東京府癲狂病院が発足している。[2]

 「日本では、明治以降は、社会病理的問題についての政策対策は、たいてい外圧によって開始される」[3]と言われるように、前述したロシア皇帝アレクサイの来日に合せて「行路病者や窮民」といった「国辱」を押し込めるために東京養老院が発足されたのだが、それ以上に江戸時代の社会的諸装置の崩壊が事情の一つに数えられる。

 

 

 急速な近代化は、それまでの社会にはなんとか適応し、あるいは社会の方でもなんとかこれを吸収していた精神障害者を、事例として析出させてしまうのである。つまり、精神障害者が事例として問題になるのは、本人の異常性と社会の側の受容度の函数関係になるわけであって、社会変動によってこの糸が動けば、精神障害者が事例として表面化し、つまり、有病率は高くなる。[4]

 

 

 

 精神病の有病率が高まった社会において、精神病院が求められることになる。日本で初めての精神病院は、公立病院である京都府癲狂院が設立されたのは一八七五年であり、ついで前述した東京府癲狂病院が一八九七年に設立された。しかし、当時、精神病院は、呉の記述のように「治療看護上ノ処置ハ甚ダ不完全ニシテ、患者二三食ヲ給エルノハソノ主務トセルモノノ如ク、之ヲ圧制シテ、コレニ桎梏ヲ施シ極端二言ヘバ動物ノ餌養ニモ似タルモノナリト云ウ」[5]といった劣悪な環境に置かれており、精神病院の数も少なかった。そして、そのように数少ない精神病院に入れなかった精神病者は、窮民や浮浪者に身を投じるものもあったが、「躁暴ナル患者、又ハ自他ニ対シテ危険ナル患者ハ、桎梏鎖鑰二ヨリテ強制セラレタリ」[6]というような座敷牢による私宅監置が行われていた。

 一九〇〇年(明治三三年)に一八八四年(明治一七年)の相馬事件をきっかけとして、「精神病者監護法」がつくられることになる。この法律は、「第一に、不法な監禁を防止すること、すなわち精神病者でない者が不当に監禁されるという事態を防ぐことである。第二に、狂気から社会を防衛することであり、それは監禁する必要がある精神病者を間違いなく監禁すること」[7]を目的としている。そして、この「精神病監護法」は、私宅監置の制度を残していることも問題があった。「明治三年の新律綱領では『精神病者の殺人が親族の看守厳ならざるによるときはこの親族に杖九〇を課す』と規定し、明治一三年発布の旧刑法でも『発狂人の看守を怠り路上に徘徊させたものは三日以上五日以下の拘留に処す』という恐ろしい規定があるので私宅監置は、ただ病人を逃がさなければいい式のもの」[8]にならざるを得ない。それゆえに、「自他に危害を及ぼしそうな患者は、手かせ足かせをはめたり、桶伏と評して井戸側にそこを付けたような大桶に伏せて閉じ込められることさえあった」[9]というような非人間的な扱いを受けていた。貧民で余裕のない家庭はなお一層ひどく、「患者の給食も極めて悪く、身を掩う衣類もなく、腰巻一枚で、木椀をもって床下の土を掘って入口の辺りに積む運動を繰り返している。運動も服薬も洗濯もせず入浴も三か月に一回くらいである」[10]といったように凄惨を極める。そして、この光景を目の当たりにした呉秀三は、精神病院の必要性を訴えたのである。

 

 

 当時、精神病者が精神病院や私宅や監置室に収容されるとき、踏まねばならない手続きとは以下のようなものであった。まず、精神病者が発生したとき、彼を監視する義務を負う者として監護義務者が定められる。そのとき定められた監護義務者が、それ以降すべての決定権をもつことになる。そして、精神病者の行為が社会的な危険性を体現し、それが監護義務者による監視能力の限界をこえたとき、彼は危険な精神病者として精神病院や私宅監置室への監禁を望まれたのである。[11]

 

 

 しかし、その時、精神医学の役割は、監禁施設への収容許可書を作成することだけであった。何故なら、当時の狂気をその振る舞いにおいて識別していた認識のあり方が支配的であったことが精神医学を疎外していたからである。「社会の寛容度と家族の監視能力との限界において」[12]監禁施設の精神病者は生み出され、精神病において精神科医に期待されていることは、監護義務者の手に余った精神病者の監視を引き継ぐこと、これだけである。この当時の狂気を管理していたのは、精神医学ではなく、警察権力であった。それ故に、「精神病院への入院とは精神病者を監禁することを意味していたのであって精神病院の入口を支配していた問いかけとは、ある精神病者に治療か否かでではなく、監禁という処遇が適しているか否かというものだった」[13]のである。

 このような状態の中にあって、呉秀三を中心とした精神医学者たちの働きかけによって狂気を管理する主導権を握ろうとした。そこで問題となるのは、如何に精神医学が法の万全な運用を望むのであればそこに欠かすことのできない知としての地位を得るのかであった。精神医学の鑑定により犯罪者の狂気が発見されて、その狂気によって犯罪者が無罪放免される事態のうちにこそ、精神病院および精神医学のヘゲモニーの確立を目指そうとした。つまり、「司法のうちではなく、司法のかたわらに精神医学的な実践の基礎をかたちづく」[14]り、「犯罪者のうちに狂気を発見するという情熱は、監禁への意志によって裏打ちされていたのであり、処罰の過程からの精神病者の解放の要求は、結局のところは社会における監禁への要請へと通じて」[15]いるのである。ここでも、問題になるのは、精神病者の治療の目的以上に、精神病者から社会を如何に防衛するかということである。

 

 

 法を犯した精神病者、精神医学がそこから取り出そうとしたのは、その根底に〈犯罪性〉が沈み込んだ狂気である。なぜなら、そうした狂気の発見が量的に拡大されればされるほど、それは精神医学的な施設の設立を支持することになったからである。司法において精神病者の無罪を証した狂気を、社会における有罪判決の根拠に反転させること、あるいは裁判所においてではなく、それとは異なった場所で狂気の犯罪性を問うこと、これこそが司法との交わりにおいて精神医学が達成しようとしたことがらであった。したがって、狂気を鑑定せねばならないという情熱は、狂気と犯罪とを分離させることよりも、両者がきわめて親和的であるのを明らかにすることに注がれていた。[16]

 

 

 

 そして、精神医学はさらに一歩先に進もうとする。つまり、以前までは、「その振る舞いにおいて識別していた認識のあり方」によって精神病者を識別し、監禁していたのに対して、精神医学は狂気を不可視の性質として設定しなおすことによって、「狂気と予防」という関係が成立させる。そして、精神病院は「精神医学が形成した狂気と形成した狂気と犯罪との関係が最終的に統括される場所」[17]として存在することになる。

 一九一九年(大正八年)に「精神病院法」が成立することになる。これは、「精神病院者保護法」では、精神病者の処遇に関する責任と権限を持つ者は、たとえ精神病内においても監督義務者であった。だが「精神病院法」によって、保護及び治療上の一切の責任と権限が精神病院長に集中することになる。あるいは、「精神病院保護法」では、罪を犯した精神病者に関する規定や、監督義務者をもたない精神病者の処遇についても不遇があった。これに対して、「精神病院法」においては、罪を犯した精神病者や身寄りのない精神病者を収容することが可能になった。[18]これは、「精神医学が望んだすべての対象を、精神病院に収容することが正当化されるにいたった」[19]ことに他ならないのである。これによって、精神医学のヘゲモニーは確立されることになる。

 

[1] 橋本明,2011,『精神病者と私宅監置 近代日本精神医療史の基礎的研究』,六花出版,p.18

[2]橋本,同上,pp.18-20

[3]小田晋,1998,『日本の狂気誌』,講談社,p.336

[4]小田,同上

[5]小田,同上,p.337

[6]小田,同上,p.338

[7]芹沢一也,2001,『“法”から解放される権力―犯罪、狂気、貧困、そして大正デモクラシー』,新曜社,p.87

[8]小田,同上,p.361

[9]小田,同上

[10]小田,同上,pp.361-362

[11]芹沢,同上,p.89

[12]芹沢,同上,p.92

[13]芹沢,同上,p.97

[14]芹沢,同上,p.115

[15]芹沢,同上

[16]芹沢,同上,pp.116-117

[17]芹沢,同上,p.133

[18]芹沢,同上,pp140-141

[19]芹沢,同上,p.141

 

 

“法”から解放される権力―犯罪、狂気、貧困、そして大正デモクラシー

“法”から解放される権力―犯罪、狂気、貧困、そして大正デモクラシー

 

 

 

日本の狂気誌 (講談社学術文庫)

日本の狂気誌 (講談社学術文庫)

 

 

 

精神病者と私宅監置 近代日本精神医療史の基礎的研究

精神病者と私宅監置 近代日本精神医療史の基礎的研究

 

 

広告を非表示にする